トップページ > お知らせ一覧 > NWECフォーラムWS「デジタル時代におけるジェンダー平等の実現に向けて」 のお知らせ

NWECフォーラムWS「デジタル時代におけるジェンダー平等の実現に向けて」 のお知らせ

掲載日:2022/11/13
国立女性会館主催「令和4年度男女共同参画推進フォーラム」(NWECフォーラム)において、CSW67に向けた勉強会「デジタル時代におけるジェンダー平等に向けて」を開催します。

日時:20221219日 19時~20時半 (オンライン開催)

参加費:無料(要申込)

 ※NWECフォーラム2022のサイトからお申込みください(121日~16日)

  参照:令和4年度「男女共同参画推進フォーラム」


 デジタル時代を迎えた今、私たちは国内外の人たちと瞬時に繋がることができます。一方、サイバー暴力、アクセスから取り残される人々、アンコンシャスバイアスを強めるAI 等々、課題も浮かび上がってきました。この背景には、デジタル時代を担う技術者、特にそのリーダー層に女性が少ないという理系分野での課題もあります。

 このようなデジタル時代において、私たちはジェンダー平等の実現にどのように取り組んでいけばよいのでしょうか。デジタル化とジェンダー施策をテーマとしている佐野敦子さんのコーディネートで各領域の専門家からお話を伺い、参加者と共にディスカッションします。

横浜市男女共同参画センターにおけるICTの実践 

 白藤香織:男女共同参画センター横浜北 館長 

日本における無償労働の現在と未来:家事・育児・介護の担い手は足りるのか?

 福田節也:国立社会保障・人口問題研究所企画部 第2室長

●ドイツから考えるデジタル時代のジェンダー平等 

 佐野敦子:東京大学大学院情報学環・BeyondAIグローバルフォーラム特任研究員


※この勉強会は、9月20日に開催した「デジタル時代におけるジェンダー平等に向けて」の続編にあたるものですが、9月20日の内容とは独立したものになっています。
※内容については添付チラシをご参照ください(裏面に3名の登壇者の発表概要を記載しました)